そもそも歯が黄ばむ原因って何なの?

歯が黄ばむ原因を外的要因、内的要因から調査してみた

歯のホワイトニングでネット上の口コミで有名なプレミアムブラントゥース。

 

このプレミアムブラントゥースが歯を白くするのは身をもって体験することができたのですが、そもそもなぜ歯って黄色くなってしまうんでしょうか?

 

気になったので色々と調べてみました。

 

 

外部からの黄ばみの原因

 

タバコ

プレミアムブラントゥース,黄ばみ

これは皆さん想像つくと思いますが、タバコのヤニってかなり歯にこびりつきます。

 

たとえ普段前歯などをきれいに磨いていても歯の裏側にはかなり大量にヤニが付いているはずです。

 

おじさんになるとそんな黄ばみすら気にしなくなり、前歯にがっつりとタバコのヤニが付いてる人もたくさんいますよね。。。

 

このタバコのヤニにはステインという物質が大量に含まれていて、一度歯に付着するとなかなか普通の歯磨きでは取り除くことができません。

 

そのまま放置しておくとそれがどんどん歯のエナメル質から浸透していき歯全体が黄ばんで見えるようになってしまうのです。

 

コーヒーや赤ワインのステイン

プレミアムブラントゥース,黄ばみ

タバコと同様に、色の濃い飲み物にもステインがたくさん含まれている物があります。

 

その代表格がコーヒーと赤ワインです。

 

両方ともステインを大量に含んでいるため、歯の色素沈着の原因となります。

 

別ページでも説明したとおり、歯医者でホワイトニングを行っている間はコーヒーと赤ワインは厳禁と言われています。

 

朝の一服をしながらコーヒーを飲んでいるそこのあなた、歯が相当黄ばんでませんか?

 

ステインが原因で歯の表面にこびりついた黄ばみは口臭の原因にもなるのでもしかしたら周りから

 

「口が臭い人」

 

って思われているかもしれませんよ!?

 

内部からの黄ばみの原因

 

加齢による黄ばみ

プレミアムブラントゥース,黄ばみ

タバコも吸わないしワインやコーヒーも飲む習慣がない。。。でも年を取ってきたせいか最近どんどん歯が黄ばんできた気が。。。

 

これって実はきのせいではないんです。

 

歯は象牙質というものの周りにエナメル質がコーティングされている状態となっています。

 

この象牙質は最初は薄いクリーム色なのですが、加齢とともにどんどんと色が濃くなっていきます。

 

エナメル質自体は白いのですがこれも加齢によってどんどん薄くなり内部の象牙質が透けて見えるようになります。

 

その結果、色の濃い象牙質が表立ってしまい黄ばんだ歯に見えてしまうのです。

 

抗生物質による黄ばみ

プレミアムブラントゥース,黄ばみ

昭和40年ごろに使用されていた抗生物質の一つにテトラサイクリンという抗生物質がありました。

 

このテトラサイクリンは幅広い種類の細菌に対して効果があったのですが、現在は多くの最近がこのテトラサイクリンに対する耐性を持ってしまったためあまり使われていません。

 

このテトラサイクリンですが、実は骨に対して色素沈着するといった副作用があります。

 

歯も骨の一種なのでもちろん色素沈着の対象となり、象牙質が黄ばんでしまうということがあります。

 

口コミどおり歯が白くなった?実際に1か月使用してみた結果はこちら