歯医者で行うオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違い

実際に歯医者で行われるホワイトニングについて

プレミアムブラントゥースは家でできるお手軽な歯のホワイトニングですが、実際に歯医者で行うホワイトニングはどんな感じなのでしょうか?

 

知人に歯科衛生士がいるので色々と聞いてみました。

 

 

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違い

歯医者で行うホワイトニングの方法は大きく分けてオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類があります。

 

オフィスホワイトニングとは

オフィスホワイトニングとは、歯医者で歯を白くする薬剤と特殊な光を使って行う方法です。

 

歯に特殊な薬剤を塗ったあと、光を30分から1時間程度あてることで以下の表で言うところの1トーンから2トーン程度白くなります。
プレミアムブラントゥース,ホワイトニング

 

歯医者にもよりけりですが、毎週1回を3週間程度続けることで歯が白くなるのを実感できると言われています。

 

ただ、毎回強力に歯を白くするため、持続性もそこまで長くなく3ヶ月〜半年もすると徐々に元に戻ってしまうとのこと。

 

ホームホワイトニングとは

ホームホワイトニングは、定期的に歯医者に通えない人向けに家でできるホワイトニングです。

 

最初に歯医者に行き自分専用のマウスピースを作ってもらいます。

 

そしてそのマウスピースに歯が白くなる塗料を塗り毎日約2時間ほどの装着が必要です。

 

ホームホワイトニングのメリットは、日中忙しくなかなか歯医者に行けない人が家でできることと、オフィスホワイトニングに比べて自然な歯の白さになるというとです。

 

しかし、オフィスホワイトニングに比べて歯の白さを実感するまでに時間がかかるという点もあります。最低1か月以上は毎日2時間以上マウスピースをつける必要があります。

 

費用ってどのくらいなの?

プレミアムブラントゥース,ホワイトニング
基本的に保険が適用できない自由診療になるので、費用は歯医者や使用する薬剤にもよりますが相場としては

  • オフィスホワイトニング:3回のホワイトニングを1セットとして40,000 - 70,000円程度
  • ホームホワイトニング:マウスピース作成混みで30,000 - 50,000円程度

らしいです。

 

気を付けなければいけないこと

オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングともに特殊な薬剤を使用して歯を白くするため、色々と気を付けなければいけない点があります。

 

まずは虫歯や歯周病を治す必要があります

ホワイトニングに使用する薬剤は虫歯を悪化させたり歯周病の進行を早めてしまう恐れがあります。

 

なので、歯医者に行くとホワイトニングの前にまずは歯科検診から始まり、ここで歯に問題が無いことを確認し次第やっとホワイトニングに進めます。

 

知覚過敏の人はおすすめしません

私がプレミアムブラントゥースを選んだ理由がこれ。知覚過敏の人は歯医者でのホワイトニングができません。

 

なぜなら、ホワイトニングの薬剤が歯にとてもしみるからです。。。

 

普段から氷など冷たいものを食べると歯が痛くなる私にとっては歯医者でのホワイトニングは絶対にNGです。

 

ホワイトニング直後は1時間以上食事をしてはいけない

ホワイトニングを行った後の歯はとても色素が付きやすい状態のため、基本的に1時間以上は水以外は何も口にしてはいけないそう。

 

もし何が口に入れてしまうと、その汚れや色素が歯に簡単に付着してしまうため、歯が白くなるどころか逆に歯に色素がどんどんついていってしまうのです。

 

普段の生活でワイン、コーヒーは控えましょう。タバコは厳禁

ホワイトニングを実施しているときは普段の生活にも気を付けなければいけないことがあります。

 

ワインやコーヒーなど歯の色素沈着の原因となるステインはなるべく控えるようにする必要があります。

 

タバコのヤニは歯にがっつりとこびりついてしまいそのまま簡単に色素沈着となるため絶対に厳禁です!

 

口コミどおり歯が白くなった?実際に1か月使用してみた結果はこちら