茶カテキンはお口の中の悪玉菌を防ぐ役割があった

プレミアムブラントゥースに茶カテキンが含まれている理由

パパインココナッツオイルと共にプレミアムブラントゥースの3大成分として挙げられているのが茶カテキン。

 

プレミアムブラントゥース,口コミ,茶カテキン

 

この茶カテキンは歯のホワイトニングとは直接関係はないらしいですが、調べてみたら歯にとってとてもいいものということがわかりました。

 

歯周病に効果的!茶カテキンの威力

プレミアムブラントゥースの主成分である茶カテキンは「歯周ポケットを埋める」と言われています。

 

これはどういう事かというと、歯は本来歯茎からしっかりと隙間なく生えています。

 

しかし、口腔内のメンテナンス不足や加齢などによって歯茎が痩せてしまうと、歯と歯茎の間に隙間ができてしまいます。

 

よくテレビのCMなどで「歯周ポケット」とかって聞いたことありませんか?この隙間のことを「歯周ポケット」といいます。

 

この歯周ポケットに食べかすなどがたまることによって歯周病菌が発生し、歯茎に炎症を起こしてやがて歯周病となり歯の健康を蝕んでいくのです。

 

茶カテキンはこの歯周病菌の発生や炎症を抑えて、歯茎を健康な状態にする効果があると言われています。

 

ためしてガッテンでも実証。茶カテキンの効果

NHKの情報番組「ためしてガッテン」でもこの茶カテキンが口腔内にどう効果があるのかを検証していました。
プレミアムブラントゥース,口コミ,茶カテキン
番組によると、口の中には善玉菌と歯周病菌など悪玉菌の2種類の菌がいてその割合は9(善玉):1(悪玉)。

 

この悪玉菌は普段は唾液で流されていくのですが、加齢やストレス、偏った食生活によって唾液が少なくなると悪玉菌が口の中に残り続けるとのこと。

 

この悪玉菌は歯周病だけではなく、最悪の場合突然死を引き起こすこともあるそうです。。

 

ジンジバリス菌という悪玉菌が血管に入ると動脈瘤や脳梗塞、認知症や肝炎を引き起こしてしまう恐れがあるのです。。。

 

歯茎が弱ってきて歯と歯茎の隙間が大きくなるほとジンジバリス菌はそこに潜り込んでいき、最後に血管に到達するとこれらの病気を引き起こしてしまう恐ろしい菌なのです。

 

この悪玉菌を抑える効果として茶カテキンが取り上げらていました。

 

因みに、番組によると同じお茶でもウーロン茶やほうじ茶よりも緑茶が一番効果があるとのこと。
プレミアムブラントゥース,口コミ,茶カテキン
ポイントは、最初に歯磨きで大きい汚れを取り除いた後に、緑茶でうがいをするといいらしいです。

 

口コミどおり歯が白くなった?実際に1か月使用してみた結果はこちら