歯の黄ばみの原因のステインって何?色素沈着を防ぐために

歯の黄ばみを解消するために知っておきたいこと。黄ばみの原因のステインって何?

このサイトのメインキーワードが「歯の黄ばみ」。

 

そもそもこの歯の黄ばみって原因は何なのか?その一番の原因となるのが「ステイン」と呼ばれる歯の着色よごれなんですって。

 

このページでは「ステイン」ってそもそも何なのかを調べていきたいと思います。

 

 

ステインって何?

 

ステインとは

 

タバコのヤニや食べ物に含まれる「タンニン」などの色素成分が原因となって歯が汚れる着色よごれを指します。

 

そもそも、歯は薄いタンパク質の膜によって覆われています。

 

このたんぱく質と「タンニン」などの色素成分が混じることによって歯の「色素沈着」が発生してしまいます。

 

この沈着した色素は基本的にはとても薄くうがいや歯磨きによって取り除かれるのですが、ワインやコーヒーなど色素成分の強いものを頻繁に口に入れていたり、食後のうがいや歯磨きを怠っていたりすると、この成分がドンドンと歯に難渋にも折り重なって沈着し、普通の歯磨きではもはや取り除けないような色素沈着汚れのことを「ステイン汚れ」というのです。

 

その結果、みんなが悩まされる「黄ばんだ歯」が完成してしまうのです。

 

ステインになりやすい食べ物

黄ばんだ歯の原因となる「ステイン」

 

そんなステインをたくさん含んでいる食べ物として、以下のものがあげられます。

 

コーヒー

もうこれは明らかですよね。。。コーヒーの色素の元となる「クロロゲン酸」がまさしくステインの原因となります。

 

赤ワイン、チョコレート

赤ワインやチョコレートには大量のポリフェノールが含まれています。ポリフェノールは体にいいというのはよく言われていますが、この成分自体に色素が大量に含まれているので、歯の黄ばみの原因となります。

 

ナッツ類

ナッツ自体は白っぽい感じで一見ステイン汚れとは無縁な感じがしますが、実はナッツに含まれる油は相当な色素汚れの元となります。

 

その他

上記以外にもカレーやブルーベリーに代表されるベリー類、カテキンが含まれているお茶類も色素汚れの原因となります。

 

これらを口にしたときは、うがいや歯磨きなどを意識的に行うようにすることによって歯の着色よごれを未然に防ぐことができますね。

 

食後の歯磨きでステインを除去しよう!

上記の項目で説明したように、ステイン汚れを防ぐにはとにかく色素の強いものを口に入れた後にはしっかりとうがいや歯磨きをすることが大事です。

 

なお、食後すぐに歯磨きをしてしまうと歯を傷つけてしまう恐れがあります。

 

理由は、食後30分程度の間、歯は強い酸性の状態になっています。この状態で歯磨きにように歯に刺激を与えると歯の表面が傷ついてしまう恐れがあります。

 

その傷から更に色素が沈着してしまう恐れがあるので、食後30分間の歯磨きは避けるようにしましょう。

 

ただ、その間なにもしないのは口の中が気持ち悪いかもしれません。そういった場合はうがいすることをおすすめします。

 

歯磨きレベルではないにしてもうがいをすることによってある程度の歯のよごれは取り除くことができます。

 

 

口コミどおり歯が白くなった?プレミアムブラントゥースを1か月使用してみた結果はこちら