歯にこびりついたタンパク質汚れを分解!パパイン酵素の力とは

パパイン酵素で歯の表面についたタンパク質汚れを分解!!

プレミアムブラントゥースの成分の中で一番最初に紹介されるのが「パパイン」。
プレミアムブラントゥース,口コミ,パパイン
そもそもパパインってなんだろう??パパイヤと関連してるっぽいなぁ。。。

 

ということで、パパインについて色々と調べてみました。

 

パパインはタンパク質を分解する酵素です

パパインとパパイヤって名前似てるよねぇって思ったそこのあなた。正解です。パパインはパパイヤから見つかったタンパク質分解する酵素なのです。

 

歯の表面の黄ばみの理由の一つにタンパク質汚れがあります。

 

このたんぱく質汚れってよく洗濯洗剤のCMとかで耳にしませんか?襟元や脇部分の黄ばみのほとんどの原因がこのたんぱく質汚れです。

 

皆さんもちろん肉や魚などタンパク質を食べますよね!?歯の表面がもともとツルツルの人はこのたんぱく質汚れは付きにくいかもしれませんが、普通の人だと目に見えないレベルでこのたんぱく質汚れは残ってしまうとのこと。

 

たとえ念入りに歯磨きをしても完全に磨き落とすことはなかなかできません。

 

しかし、この歯の表面に付着したたんぱく質汚れは、パパインの「プロアテーゼ」という酵素によって分解することできれいに落とすことができるのです。

 

パパインって肥満や高脂血症にも効果があるらしいです

プレミアムブラントゥースの歯のホワイトニングから話はそれるのですが、このパパインって酵素、歯を白くするだけでなく、肥満や高脂血症にも効果があるとのこと!!
プレミアムブラントゥース,口コミ,パパイン

脂肪分分解成分の「リパーゼ」

パパインに含まれている「リパーゼ」という酵素は脂肪を分解する力を持っています。

 

巷のセレブがよくやっている「酵素ダイエット」。実はこの酵素ダイエットで一番注目されている酵素のがこのリパーゼ。

 

パパイヤ以外にこのリパーゼが大量に含まれている身近な野菜に大根があります。

 

よく、ハンバーグ単体で食べると胃がもたれるけど大根おろしと一緒だとあっさり食べられるって経験ありませんか?

 

実はこれもリパーゼが影響していて、胃の中で脂肪分を分解してくれるのです。

 

因みに、このリパーゼの脂肪分解機能を阻害するものとして「きのこ類」があります。

 

和風ハンバーグなどでキノコを添えているケースがありますが、これだとせっかくの脂肪分解成分が機能しなくなってしまうので、体重や脂肪を気にしている人は和風ハンバーグからキノコを除くことをおすすめします。

 

糖分分解成分の「アミラーゼ」

私たちの体の中でもアミラーゼを分泌する場所があります。

 

それは、口「唾液アミラーゼ」と膵臓「膵臓アミラーゼ」の2か所です。

 

このアミラーゼは糖分をブドウ糖などに分解して体に消化しやすいようにします。

 

酵素を効率よく摂取するために

これらの酵素ですが、取り扱い方によって接種状況が大きく変わってきます。

 

火を通さないこと

酵素は熱に弱く、火を入れてしまうと基本的に壊れてしまいます。

 

なので炒めたり茹でたりするとせっかくの酵素が意味のないものになってしまうので気を付けましょう。

 

すりおろすとより吸収できます

パパイヤや大根など酵素がたくさん含まれている野菜から酵素を一番効率よく取得する方法として「すりおろす」のが良いと言われています。

 

おろし金によってすりおろすと、野菜の細胞壁が壊れて、中にある酵素が表面に表れてきます。

 

なので、胃で消化されるよりも早く体内に摂取することができるので大根おろしなどは特に理にかなった調理方法なんですね。

 

口コミどおり歯が白くなった?実際に1か月使用してみた結果はこちら