歯に塗るホワイトニング?ホワイトニングマニキュアって何?

歯に塗るホワイトニング?ホワイトニングマニキュアって何?

最近はのホワイトニングでよく耳にする「歯のマニキュア」

 

歯の表面の汚れを落としたり薬を使って漂白するわけではなく、ただ歯に塗ってすぐに白い歯を手に入れることができる簡易的なホワイトニングです。

 

歯に塗るホワイトニング?ホワイトニングマニキュアって何?

 

通常のホワイトニングだと、歯医者に通ったり、プレミアムブラントゥースに代表されるような市販のホワイトニング剤を使用して、歯が白くなるまでに数週間から数か月かかるのですが、歯のマニキュアの場合はたった一日で白い歯を手に入れることができます。

 

話だけ聞くとかなりお手頃に白い歯を手に入れることができるので、実際にどんな感じなのかを調べてみました。

 

費用ってどのくらいなの?

歯医者で実施する場合、どのくらい白さをキープするかで値段がピンキリみたいです。

 

標準のだと、1本1000円から2000円程度で、1週間程度白さをキープできるそうです。

 

高いのだと青天井なのですが、私が調査した限りでは、最高値が1本16000円のものがありました。ハリウッドスター並みの白さを手に入れられるらしく、1年くらいキープできるそうです。

 

市販の場合、大体3000円から7000円の間で、一度で数週間から1か月程度白い歯を保てるそうですが、実際に口コミだと、1日ですぐに落ちてしまったという口コミもちらほら見受けられます。

 

副作用ってあるの?歯のマニキュアのデメリットとは?

簡単に手頃な感じですぐに白い歯を手に入れることができるのが「歯のマニキュア」。しかし、いくつかのデメリットもあるそうです。

 

市販のマニキュアは色ムラになりやすい

市販のマニキュアを実際使用した感想が載っているサイトを見ると、なかなか簡単には塗れないみたいです。

 

全ての歯に均等に塗ることが結構難しいらしく、歯によって色のムラが出てしまうそう。。。

 

また、うっかり唇とかについてしまうとそれを落とすのも一苦労だそうです。

 

さらに、歯を磨くと徐々にマニキュアが落ちてきてしまい、歯の表面がボロボロにみえてしまうというデメリットがあります。

 

歯医者のマニキュアは歯医者でしか落とせない

市販のデメリットをあげましたが、では歯医者でやった場合はどうなのでしょうか?

 

歯医者でマニキュアを行う場合は市販で上がったような色ムラや唇に塗ってしまうということはありません。そして結構長い間白さを保てるそうです。

 

しかし、やはりある程度時間が経つとボロボロとマニキュアがはがれてきてしまいます。

 

これ自体は仕方のないことなのですが、歯医者のマニキュアは基本的には自分の力ではきれいには落とせません。

 

そういう場合はやはり歯医者にいってメンテナンスをしてもらうか、もしくはとってもらうかしかありません。

 

なので、マニキュアがはがれてきたらすぐに歯医者に予約を入れなければならないのですが、人気の歯医者であったりするとなかなか予約が取れずしばらくの間表面がボロボロの歯で過ごさなければいけないというリスクがあります。

 

どういう人に向いてるの?

デメリットを上記で説明しましたが、ではどういう人がこの歯のマニキュアに向いているのでしょうか?

 

それは、ずばり

 

「その日だけ白い歯を手に入れたい人」

 

です。

 

例えば卒業式であったり重要なプレゼンなど、「人生の節目や勝負所」のときに自分をよりよく見せたい場合は歯のマニキュアは向いていると思います。

 

その日一日がとても重要で今後にも影響するような場合にはこういった方法て手っ取り早く白い歯を手に入れるものありだと思います。

 

しかし、後々はがれてきたときの対策を事前に考えておくことをお勧めします。

 

 

口コミどおり歯が白くなった?プレミアムブラントゥースを1か月使用してみた結果はこちら