ホワイトニング歯磨き粉って副作用はあるの?

歯のホワイトニング歯磨き粉って副作用はあるの?

歯を白くするホワイトニング材配合の歯磨き粉。

 

通常の歯磨き粉ではできない歯のホワイトニング効果について、何かやばいものが使われているのではないかと勘ぐってしまいませんか?

 

実際私が初めてホワイトニング歯磨き粉を使用しようとしたときはその辺の調査から始めました。心配性なもので。。。

 

色々と調べた結果、私は天然由来成分のみで構成されているプレミアムブラントゥースを選択しました。

 

このページでは当時私が色々と調べた内容を明記していきます。

 

 

入っていたら注意すべき成分

ホワイトニングを謳う歯磨き粉のうち、以下の成分が含まれている場合は注意が必要です。

プロピレングリコール(軟化剤)

プロピレングリコールは歯磨き後の歯の保湿剤として使用されることがあります。

 

ただし、旧厚生労働省がこの成分は「表示指定成分」と定められています。

 

理由は、このプロピレングリコールは皮膚に吸収される成分があり化粧品などでよく使用されていますが、万が一危険な化学物質と混ざってしまうとそのまま素早く皮膚に吸収されてしまうというかららしいです。

 

歯磨き後の保湿であれば天然由来の茶カテキンでも対応できるのでそちらの方が害は少ないですね。

 

ラウリル硫酸ナトリウム

歯磨き粉の泡立ちをよくするために使用されるのがこのラウリル硫酸ナトリウムです。

 

ラウリル硫酸ナトリウムは別名「界面活性剤」と言われていて、シャンプーや食器用洗剤でも使用されています。

 

最近はよく「界面活性剤不使用」と明記されてあるシャンプーや食器用洗剤が売られていますよね。

 

理由は、界面活性剤が皮膚を刺激して炎症を起こしてしまう恐れがあるからです。

 

水酸化アルミニウム(水酸化AI)

水酸化アルミニウムは研磨剤の一種です。

 

通常の歯磨きでは問題ないですが、水酸化アルミニウムを使用して過度に歯磨きを行うと歯の表面が削れ過ぎてしまい知覚過敏を引き起こしまう可能性があります。

 

過酸化水素水は知覚過敏を引き起こす恐れあり

歯医者で実施するホワイトニングでは主に過酸化水素水が含まれているホワイトニング材を使用します。

 

過酸化水素水は歯の黄ばみを漂白する効果があるのですが、過酸化水素水自体が日本で劇薬に指定されているため、一般的に専門家しか使用を許されず、市販の歯磨き粉では使用できません。

 

しかし、海外から輸入された歯磨き粉で使用されているものもいくつかあるので、そういったものに対してはしっかりと内容を確認する必要があります。

 

口コミどおり歯が白くなった?実際に1か月使用してみた結果はこちら